--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
05.20

ピット★命日

今日はピットの命日です。

丸3年。なんだかもっと時間が経っているように感じます。

きっとふたりが来たせいでしょうね。

爆裂二人組。ピットはどんな想いで見ているでしょうね?

このふたりを見ていると、いや、今は実家の友蔵もいますが、誰よりピットはお利口でした。

一緒にいた頃はそんなに感じなかったけど、今思えば、ピットはかなり?出来た子だった、と。。(^^)

親ばかですかね。今のトリオがダメダメなせいでしょうかね?

ピットはホントに我慢する子でした。今思うとなんだか可哀想だったかな?って思います。

もっと我を出して欲しかったし、甘えても欲しかったな。。

とっても男前でやさしいピットに私の方が甘えてたのかもしれませんね。

ピット、ありがとね♪

ピットはいつまでも私たちの自慢の息子、特別な子です☆

サンゴMAXも、そして友蔵にも、ピットを見習って欲しかったなぁ~☆ミ

一緒に過ごしたらどんなだったかな?って思います(^^)

DVC00172_20130521001747.jpg

この丸っこい存在感のあるピットの背中を見て、サンゴMAXにも育って欲しかったな。。

IMG_1768.jpg

このGWに行った旅行記の続きがまだですが、ピットも何度か行ったカフェレストラン「ジヴェルニー」にサンゴMAXも行って来ました。(旅行記の続きはまた後ほど。。)

IMG_1818.jpg

ピットが「365カレンダー」の表紙を飾ったこの写真は、房総旅行でお世話になった「ファームイン市原」さんのコテージ前で撮った写真。
こちらのコテージに今回、サンゴMAXもお世話になって来ました!!(旅行記の続きはまた後ほど。。(^-^;)

DVC00028_20130521001942.jpg

誰よりもハンサムさんのピット、大好きだよ♪( *´艸`)





FC2ブログランキングに参加中!!
ポチッと一押しお願いします☆

ペットブログランキングにも参加中!!
こちらも宜しくね☆



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2012
05.20

ピット三回忌

Category: ビーグルログ   Tags:ピット
早いもので今日でピットが三回忌を迎えました。

ピットの事を思うと、今でも何より愛しく、でも辛かったりします。。

いっぱいいっぱいの愛情を私たちに残してくれたピット

けど、それだけの愛情を私はピットに残してあげれたのかな?

もっともっと出来る事はいっぱいあったんじゃないかな?

もっとずっと一緒にいてあげたかったし、もっといっぱい遊んであげれば良かった。。

ピットごめんね。。ごめんね。。

DVC00130_20120521000805.jpg


今朝早く、MAXが庭で吠えてた。。

その時はうるさいなぁ~としか思ってなかったけど、今思えば、もしかしたらピットが来てくれていたのかも?

ちょうどピットが息を引き取ったくらいの時間帯。。

MAXは何かを感じて吠えたのかな?

私は眠くて寝ていたけど、起きたらいつも一緒に寝ているピットジュニア(ピットに似たビーのぬいぐるみ)を潰していた!!

なんてこと!!今日に限って。。ごめんね、ごめんね。。

私が気づかなかったからピットが怒ってるのかな?(T_T)

DVC00147_20120521000857.jpg


サンゴとMAXと一緒に暮らすようになって、たまにピットの画像を見たりすると、ピットはデカビーだったんだなぁ~って、その大きさを改めて思い出すし、何よりピットはハンサムさんだったなぁ~って(^^)

サンゴだってとってもいいお顔をしているし、MAXだって今時のイケメンだと思ってるけど(親ばか。。)、ピットを改めて見ると、ピットに勝るハンサムさんはいない!って思う(^^♪(更に親ばか。。)

ピット、ピットはいつまでもずーっと私たちの大事な家族だよ。大好きだよ。ありがとね☆ミ

DVC00192_20120521000941.jpg




FC2ブログランキングに参加中!!
ポチッと一押しお願いします☆

ペットブログランキングにも参加中!!
こちらも宜しくね☆


Comment:4  Trackback:1
2012
05.01

ピット14歳☆ミ

今日はピット誕生日です。

14歳になるはずでした。。

14歳かぁ~。

14歳と思うと、早かったなぁ~。。と思います。

今月末には早、三回忌を迎えるピット。。

12歳の誕生日を病床で迎えてすぐでした。。


今、サンゴとMAXを迎えて思う事。。

ピット、とってもお利口だったんだな。。

ピットは男の子らしくやんちゃ坊ではありましたが、やさしくて男前で、あれでなかなか紳士だったんですよ。

サンゴとMAXがとてもとても手に負えないやんちゃ坊なので、比べてはいけないと思うけど、ピットがとてもお利口だったんだと思えるし、そう思うと今になってますます愛しく感じるのです。。


ピット、14歳のお誕生日おめでとう~♪

お空でみんなにお祝いして貰えてるといいな、と願います☆ミ

DVC00026_20120501232630.jpg

DVC00028_20120501232651.jpg

DVC00120_20120501232725.jpg






FC2ブログランキングに参加中!!
ポチッと一押しお願いします☆

ペットブログランキングにも参加中!!
こちらも宜しくね☆


Comment:2  Trackback:1
2011
06.29

梅雨のまにまに

ちょっと体調を崩しておりました。。

神経性胃炎?

いろいろあったし。。
思い当たる節もあります。。

ようやく元通りになりつつあります。。


あっと云う間に梅雨に入り、それももう終盤、かな?

今年も見事に咲いてくれた紫陽花ももう終わりを告げつつあります。。

DVC00217_20110629232721.jpg



さて、今日は一冊本をご紹介したいと思います。


『フィナーレを迎えるキミへ』咲セリ

フィナーレを迎えるキミへフィナーレを迎えるキミへ
(2010/11/02)
咲 セリ

商品詳細を見る



末期がんを宣告された黒猫ちゃんの最期を巡る実話。

私はピットを亡くしてから、果たして私はピットに納得の行く最期を迎えさせてあげられたのだろうか?
あの決断は間違っていなかっただろうか?

幾度となく思って来ました。

それは答えの出ない問い。
当のピットはもういないんだし、いたとしても言葉が交わせないんだから答えを期待するのは不可能。

もし言葉が話せたら、ピットの思うような最期を迎えさせてあげられたのに。。
残るのは悔やむ思いばかり。

行き場のない、ずっと続くであろうこんな気持ちを、どうすればいいか持て余していた時に出会ったのがこの本。

同じ病(がん)を持つ愛する子を亡くした人がどうやって愛する子の病と戦い、亡くしてからどうやって立ち直っていったのか、術を知りたかった。

でも読むのには勇気がいった。

いやがおうでもあのピットとの辛い闘病生活を思い出すだろうし、今更そんな辛い思い出を思い出すより、ピットとの楽しかった日々を思い出してあげた方がピットも喜ぶのではないだろうか?

でもこれは乗り越えなければならないもの。
乗り越えてこそピットも笑ってくれる、と奮起してこの本に手を伸ばしました。


でも結局読み終えるのに1年もかかっちゃったんだけど。。(/_;)

だって届いてすぐに最初の方だけでも、と読み出した途端、涙が止まらなくなってしまって。。

読むのに勇気がいったし、ベッドの中で覚悟して読むのだけど、鳴咽するほど泣いてしまった事も。。

まさに、私の気持ちと同じ想いがそこにあったから。。

そんな言葉を目にする度、今までどうしていいか分からなかった想いが溢れ出る。


私だけじゃないんだって思えたし、同じ気持ちの人がいると思うと少し気持ちがラクになりました。

それでも決してピットとの闘病生活の悔いがなくなる事はないのだけど、みんなそうやって心に消えないもやもやを抱えながら、少しずつ前を向いて歩いていっているんだって。

もっと強くありたいのだけど。。

一周忌を迎えて、少し落ち着くかな?と思ってたけど、今まで以上にピットを愛おしく思うようになったり。。

感情とは不思議なもので、自分でも予測がつかないだけに、気持ちが落ち込むこともありますが、ピットと過ごしたかけがえのない時間をこれからももっともっと大事にしながら、過ごして行こうと思います。


ピットの事は一番に愛おしく感じているし、そしてゴン太に限っては私たち家族にとっての天使で特別な存在の子だったし、ふたりともいつまでも大切な大切な私達の家族です☆彡

IMG_2497a.jpg



Comment:2  Trackback:0
2011
05.20

ピットの一周忌

IMG_4198v_20110520004211.jpg

早いものでピットが旅立って1年が経ちました。。

ここのところは命日が近かったせいか、去年の闘病生活を思い出しては辛く哀しい思いになっていました。。

ピットは本当に健気に懸命に生きてくれました。

病気さえなかったら、もっと元気に長生き出来たよね。

とってもとっても悔やまれます。。

もっといろんなところへ行きたかったし、いっぱい遊ばせてもあげたかった。。

もっと一緒にいてあげたかったし、もっと。。

強がって一匹狼を演じていたけど、ホントはもっと甘えたかったんだよね。

いなくなって分かった事。。

ピットは本当に人をじーっと観察していたし、ちょっと声をかけてあげるだけでも尻尾を振って喜んでくれたよね。

ホントはもっともっとかまって欲しかったんだよね。

気づいてあげられなくてゴメン。。

ピットはそういうの嫌いだと思っていたけど、苦手なだけで本当は。。

もっともっとギューっと抱きしめてあげればよかった。。

ふふ。でもきっとピットは嫌がるよね。

ただ、きっとそばにずっといてあげるだけで良かったんだ。。


06-10-18_16-16_20110520005643.jpg

IMG_3978k_20110520005706.jpg


ピットはとっても強い子だったよ。

いっぱい我慢させちゃってゴメンね。。。

ピットは本当に素直で真っ直ぐで、決して諦めない前向きな強さをいつも見せてくれてたね。

ピットパパがピットに唯一教わった事っていつも言っている。。

そして、ピットは私達にいろんな事をしてくれたよ。

私達のキューピットもしてくれたし、私達が結婚10年を迎えられたのもピットがいてくれたおかげ。

ピットがいたからいろんなところへも行けたし、いっぱいお友だちも出来た。

そして何より、ピットはいつも私達に癒しと笑顔を運んでくれてたね。

いつも全力で与えてくれてたピットの愛情は、これからもずっとずーっと私達の心の中を暖かい陽射しとなって照らし続けてくれるでしょう。

ピット、ありがとね♪ずっと、ず~っと愛してるよ☆彡

IMG_3537n_20110520012611.jpg



続きを読む
Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。